summaryrefslogtreecommitdiff
path: root/Installation_Guide/ja-JP/Kolab_Server_Configuration.po
diff options
context:
space:
mode:
Diffstat (limited to 'Installation_Guide/ja-JP/Kolab_Server_Configuration.po')
-rw-r--r--Installation_Guide/ja-JP/Kolab_Server_Configuration.po60
1 files changed, 30 insertions, 30 deletions
diff --git a/Installation_Guide/ja-JP/Kolab_Server_Configuration.po b/Installation_Guide/ja-JP/Kolab_Server_Configuration.po
index 545d9f6..a2f79dc 100644
--- a/Installation_Guide/ja-JP/Kolab_Server_Configuration.po
+++ b/Installation_Guide/ja-JP/Kolab_Server_Configuration.po
@@ -7,8 +7,8 @@ msgid ""
msgstr ""
"Project-Id-Version: Kolab Groupware Solution\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: https://isues.kolab.org/\n"
-"POT-Creation-Date: 2012-09-08T15:19:22\n"
-"PO-Revision-Date: 2012-09-06 03:05+0000\n"
+"POT-Creation-Date: 2012-11-20T13:11:29\n"
+"PO-Revision-Date: 2012-09-21 01:35+0000\n"
"Last-Translator: Minoru Fumikura <toshifumi_ogawa@lancard.com>\n"
"Language-Team: Japanese (http://www.transifex.com/projects/p/kolab/language/ja/)\n"
"MIME-Version: 1.0\n"
@@ -161,7 +161,7 @@ msgid ""
"\n"
"PyKolab is a Kolab Systems product. For more information about Kolab or\n"
"PyKolab, visit http://www.kolabsys.com"
-msgstr "# <userinput>setup-kolab --help</userinput>⏎ 使用方法: setup-kolab.py [options]⏎ ⏎ オプション:⏎ -h, --help このヘルプを表示して終了します。⏎ ⏎ 実行時オプション:⏎ -c CONFIG_FILE, --config=CONFIG_FILE⏎ 指定した設定ファイルを使用します⏎ -d DEBUGLEVEL, --debug=DEBUGLEVEL⏎ デバッグレベルの設定 最大 9⏎ LDAP, SQL and IMAPのようなプロトコル。⏎ -l LOGLEVEL ログレベルの設定。info, warn, error,⏎ critical or debug のいずれか。⏎ --logfile=LOGFILE ログファイルの指定⏎ -q, --quiet 終了⏎ -y, --yes すべての質問にyes。⏎ ⏎ LDAP オプション:⏎ --fqdn=FQDN FQDNの指定 (デフォルトを上書き)。⏎ --allow-anonymous 匿名のバインドを許可 (デフォルト:no).⏎ ⏎ PHP オプション:⏎ --timezone=TIMEZONE⏎ PHPのタイムゾーンを指定。⏎ ⏎ PyKolab is a Kolab Systems product. For more information about Kolab or⏎ PyKolab, visit http://www.kolabsys.com"
+msgstr "# <userinput>setup-kolab --help</userinput>⏎ 使用方法: setup-kolab.py [options]\\n\\n オプション:\\n -h, --help このヘルプを表示して終了します。\\n\\n 実行時オプション:\\n -c CONFIG_FILE, --config=CONFIG_FILE\\n 指定した設定ファイルを使用します\\n -d DEBUGLEVEL, --debug=DEBUGLEVEL\\n デバッグレベルの設定 最大 9\\n LDAP, SQL and IMAPのようなプロトコル。\\n -l LOGLEVEL ログレベルの設定。info, warn, error,\\n critical or debug のいずれか。\\n --logfile=LOGFILE ログファイルの指定\\n -q, --quiet 終了\\n -y, --yes すべての質問にyes。\\n\\n LDAP オプション:\\n --fqdn=FQDN FQDNの指定 (デフォルトを上書き)。\\n --allow-anonymous 匿名のバインドを許可 (デフォルト:no).\\n\\n PHP オプション:\\n --timezone=TIMEZONE\\n PHPのタイムゾーンを指定。\\n\\n PyKolab is a Kolab Systems product. For more information about Kolab or⏎ PyKolab, visit http://www.kolabsys.com"
#. Tag: title
#, no-c-format
@@ -215,7 +215,7 @@ msgid ""
"use command-line option <literal>--fqdn "
"<replaceable>&lt;your_fqdn&gt;</replaceable></literal>. The setup will still"
" use the hostname and domain name components, however."
-msgstr ""
+msgstr "<literal>kolab01.example.org</literal> のFQDNを持つサーバは、そのため、<literal>kolab01</literal> とされる389 Directory Server のインスタンスにおいて<literal>example.org</literal> のプライマリドメインネームスペースとして動作するように設定されます。異なるFQDNを使用するには、<literal>--fqdn <replaceable>&lt;your_fqdn&gt;</replaceable></literal> のコマンドオプションを利用します。それでもなお、ホスト名とドメイン名がセットアップで使用される事があります。"
#. Tag: para
#, no-c-format
@@ -228,12 +228,12 @@ msgid ""
"root DN is used. You may discard the configuration file used for the setup "
"afterwards, it contains no information of value other then for "
"troubleshooting purposes, and it is not written to by the setup process."
-msgstr ""
+msgstr "<filename>/etc/kolab/kolab.conf</filename>ではない設定ファイル(たとえば、<filename>/etc/kolab/kolab-setup.conf</filename>)がある場合、セットアッププロセスはその設定ファイルを使用し、それにしたがって389 Directory Server をセットアップします。これは、とりわけ、root DN が使用される際に、多大な柔軟性を与えます。セットアップに使用される設定ファイルは後で不要になります。トラブルシューティングの目的以外では、有用な情報は含んでおらず、セットアッププロセスによって書出されることもありません。"
#. Tag: title
#, no-c-format
msgid "Allowing Anonymous Binds"
-msgstr ""
+msgstr "Anonymous のバインドの許可"
#. Tag: para
#, no-c-format
@@ -241,7 +241,7 @@ msgid ""
"By default, Kolab Groupware sets up the LDAP server so that no anonymous "
"binds are allowed. This is a security consideration, aiding in preventing "
"certain reconnaissance attack vectors."
-msgstr ""
+msgstr "デフォルトでは、Kolab Groupware のLDAP サーバのセットアップでは、anonymous のバインドは許可されません。これは、攻撃目的の事前アクセスを防止する意味でのセキュリティ上の配慮です。"
#. Tag: para
#, no-c-format
@@ -249,7 +249,7 @@ msgid ""
"This means by default, the LDAP server port(s) could be exposed to the "
"Internet, meaning your \"Road Warrior\" users would be able to use the LDAP "
"address book."
-msgstr ""
+msgstr "デフォルトでは、Kolab Groupware のLDAP サーバのセットアップでは、anonymous のバインドは許可されません。これは、攻撃目的の事前アクセスを防止する意味でのセキュリティ上の配慮です。この事により、LDAP サーバのポート(複数)がインターネットに公開可能であり、Road Warrior のようなモバイルユーザがLDAP アドレス帳を使用可能な事を意味します。"
#. Tag: para
#, no-c-format
@@ -257,7 +257,7 @@ msgid ""
"It prevents, however, the graphical 389 Directory Server console application"
" from being used, as it binds anonymously first, to find the LDAP entry used"
" to login with."
-msgstr ""
+msgstr "しかしながら、この方法だと、最初にログインに使用されるLDAP エントリーを見つける為に、anonymous でバインドするような従来のGUI の389 Directory Server コンソールが使用できません。"
#. Tag: para
#, no-c-format
@@ -266,12 +266,12 @@ msgid ""
"feel confident other security configuration is sufficient, you can allow "
"anonymous binds from the get-go by specifying the <literal>--allow-"
"anonymous</literal> command-line option to <command>setup-kolab</command>."
-msgstr ""
+msgstr "389 Directory server コンソールを使う必要に迫られていたり、もしくは、他のセキュリティ設定が十分だという確信があるならば、<command>setup-kolab</command> で<literal>--allow-anonymous</literal> を指定することで、すぐにでもanonymouse のバインドを許可できます。"
#. Tag: title
#, no-c-format
msgid "Accounts Created"
-msgstr ""
+msgstr "作成されるアカウント"
#. Tag: para
#, no-c-format
@@ -279,7 +279,7 @@ msgid ""
"The LDAP component setup creates 2 accounts in addition to the 2 accounts "
"required to setup 389 Directory Server. The following is a summary of which "
"accounts are set up and/or created, and what their purpose is."
-msgstr ""
+msgstr "LDAP コンポーネントのセットアップでは2つのアカウントが作成され、追加で389 Directory Server に必要な2つのアカウントが作成されます。以下では、どのアカウントがどのような目的で作成されるかを説明します。"
#. Tag: title
#, no-c-format
@@ -304,7 +304,7 @@ msgid ""
"capabilities allowing the administration on Organizational Units (the "
"Directory Information Tree structure), nor the administration of access "
"control on entries or structures in the tree."
-msgstr ""
+msgstr "Kolab Groupware には日常管理用のWebベースの管理画面があるにも関わらず、389 Directory Server のすべての利用可能なオプションや表示されている機能のインターフェースが提供されてはいません。たとえば、このドキュメントが作成されている時点では、Kolab Web 管理パネルでは、OU(Organizational Units ツリー構造のディレクトリ情報)の管理許可、並びに、ツリー内のエントリーや構成へのアクセス権限の管理許可の互換性がありません。"
#. Tag: title
#, no-c-format
@@ -319,7 +319,7 @@ msgid ""
"administration. Such tasks include, for example, managing server databases "
"for LDAP root DNs (separate databases for isolated Directory Information "
"Trees), configuring replication and TLS/SSL."
-msgstr ""
+msgstr "ディレクトリマネージャアカウントは389 Deirectory Serverのセットアップに要求され、さらには、日々の管理に利用されます。たとえば、LDAPサーバのデータベース root DN(別個のディレクトリ情報ツリーの分離されたデータベースのもの)の管理やTLS/SSLの同期の設定などのようなタスクも含まれます。"
#. Tag: title
#, no-c-format
@@ -332,7 +332,7 @@ msgid ""
"In order to be able to manage mailboxes, Kolab Groupware requires the "
"availability of an account that is a designated Cyrus IMAP administrator "
"account."
-msgstr ""
+msgstr "メールボックの管理を可能にするために、Kolab Groupware はCyrus IMAP 管理アカウントの権限を必要とします。"
#. Tag: para
#, no-c-format
@@ -341,7 +341,7 @@ msgid ""
"the <emphasis>cyrus-admin</emphasis> user is a Cyrus IMAP administrator. The"
" setup creates the corresponding LDAP user account with the password "
"supplied during setup."
-msgstr ""
+msgstr "<filename>/etc/imapd.conf</filename> 設定ファイルに書かれているように、\n<emphasis>cyrus-admin</emphasis> はCyrus IMAPの管理者です。セットアップは与えられたパスワードと対になるLDAP ユーザアカウントをセットアップ中に作成します。"
#. Tag: para
#, no-c-format
@@ -349,7 +349,7 @@ msgid ""
"The location of the user account is in <literal>ou=Special Users</literal>, "
"so that the entry does not appear in any Global Address Book on clients "
"including Kontact and Roundcube."
-msgstr ""
+msgstr "アカウントは<literal>ou=Special Users</literal>にロケーションされますので、コンタクトとRoundcubuに含まれるどのクライアントのグローバルアドレスブックにもそのエントリーは表示されません。"
#. Tag: title
#, no-c-format
@@ -362,7 +362,7 @@ msgid ""
"The Kolab Service account is a dedicated account that services including "
"Postfix, Roundcube and the Kolab Web Administration Panel use to bind to "
"LDAP."
-msgstr "Kolab サービスアカウントは、Postfix、roundcube、LDAPにバインドするKolabのWeb管理パネルを含むサービスを使用する専用のアカウントです。"
+msgstr "Kolab サービスアカウントは、Postfix、Roundcube、LDAP にバインドするKolab のWeb 管理パネルを含むサービスを使用する専用のアカウントです。"
#. Tag: para
#, no-c-format
@@ -370,7 +370,7 @@ msgid ""
"This enables Kolab Groupware to configure LDAP to not allow anonymous binds."
" Not allowing anonymous binds is important when the Kolab server is exposed "
"to the internet, which so-called road-warrior users may require it to be."
-msgstr ""
+msgstr "これによりKolab Groupware はanonymous をバインドすることなくLDAPを設定することができます。anonymous のバインドを許可しない事はKolab サーバをインターネットに公開する際に重要です。ロードウォーリアと呼ばれるユーザにはインターネットで利用できる必要があります。"
#. Tag: para
#, no-c-format
@@ -382,7 +382,7 @@ msgid ""
"The_Kolab_Service_Account-"
"Restricting_Access_to_Parts_of_the_Directory_Information_Tree\" /> for an "
"example scenario."
-msgstr ""
+msgstr "Kolab サービスアカウントはディレクトリ情報ツリー全体を通しての検索の為のアクセスやエントリーの読込、比較を行うと思われます。これは、たとえば、他のユーザに対しては不可視とされているツリー部分も含まれます。サンプルの概要については、以下を見てください。<xref linkend=\"exam-Community_Installation_Guide-The_Kolab_Service_Account-Restricting_Access_to_Parts_of_the_Directory_Information_Tree\" />"
#. Tag: para
#, no-c-format
@@ -390,26 +390,26 @@ msgid ""
"Additionally, the Kolab Service account is granted search, read and compare "
"rights on <literal>cn=kolab,cn=config</literal>, the location where domain "
"name spaces serviced by the Kolab Groupware deployment are stored."
-msgstr ""
+msgstr "加えて、Kolab サービスアカウントはKolab Groupware 実装によって提供されているドメインネームスペースのロケーションが蓄積されている<literal>cn=kolab,cn=config</literal> において、検索、読込、比較の権限を持たされています。"
#. Tag: title
#, no-c-format
msgid "Restricting Access to Parts of the Directory Information Tree"
-msgstr ""
+msgstr "ディレクトリ情報ツリー部分への制限アクセス"
#. Tag: para
#, no-c-format
msgid ""
"A Kolab Groupware environment set up for development, testing and "
"demonstration purposes allows people to request accounts."
-msgstr ""
+msgstr "開発の為のKolab Groupware 環境のセットアップでは検証と展示目的でアカウントを作成できます。"
#. Tag: para
#, no-c-format
msgid ""
"One account is issued to potential customer $x, while another is issued to "
"potential customer $y."
-msgstr ""
+msgstr "あるアカウントは見込み客$x に発行され、一方では、見込み客$y に発行されます。"
#. Tag: para
#, no-c-format
@@ -417,7 +417,7 @@ msgid ""
"Various Kolab Systems partners already have accounts that allow them to "
"demonstrate Kolab Groupware to potential customers. Additional test accounts"
" are issued to those potential customers as well."
-msgstr ""
+msgstr "さまざまなKolab Systems パートナーはすでに見込み客にKolab Groupware を展示することができるアカウントを持っています。追加のテストアカウントは同様に見込み客に発行されます。"
#. Tag: para
#, no-c-format
@@ -425,7 +425,7 @@ msgid ""
"No partner or customer is allowed to browse the global address book and "
"recognize the names of all people that have been issued accounts, as this "
"would disclose trade information and give unfair advantage."
-msgstr ""
+msgstr "取引情報を暴露したり、不公平なアドバンテージを与えるので、パートナーもしくは顧客はグローバルアドレスブックを閲覧する事とアカウントを発行された全ての人の名前を確認する事は許可されません。"
#. Tag: para
#, no-c-format
@@ -434,7 +434,7 @@ msgid ""
"unit, to which access is severly restricted, and accounts for people "
"associated with this organizational entity are created in this part of the "
"directory information tree."
-msgstr ""
+msgstr "最後に、それぞれのオーガナイゼーショナルエントリーはアクセスが非常に制限されたプライベートオーガナイゼーショナルユニットを発行されます。デクショナリ情報ツリーのこの部分にアカウントはこのエントリーと組合わせて作成されます。"
#. Tag: para
#, no-c-format
@@ -442,12 +442,12 @@ msgid ""
"Regardless of who is issued access to said organizational unit, the Kolab "
"services including Postfix, Roundcube and the Kolab Web Administration Panel"
" require access to these parts of the tree in order to;"
-msgstr ""
+msgstr "だれがどのオーガナイゼーショナルユニットにアクセスするかに関わらず\nPostfix、Roundcube、Kolab Web管理パネルを含むKolab サービスは、\nその部分へのアクセスを必要とします。下記の理由で;"
#. Tag: para
#, no-c-format
msgid "Find valid sender and recipient email addresses."
-msgstr ""
+msgstr "有効な送信元とe-mailアドレスの受取人を探す。"
#. Tag: para
#, no-c-format
@@ -455,4 +455,4 @@ msgid ""
"Upon login, search for the user entry corresponding with the login username "
"supplied, so that a bind attempt with the supplied password can be "
"attempted."
-msgstr ""
+msgstr "ログイン時、パスワードが合っているかどうかを見る為に、該当するユーザネームに対応したユーザエントリーを探す。"